腰痛持ちでも楽に草取りできる方法をご紹介。

無理にやらなくてもいいんです!~代わりに業者に依頼しよう~

腰痛持ちの方でも庭の草取り作業が楽になる

腰痛持ちだと草取りだけでも大変な作業です。少しでも腰に負担をかけないで作業できるように対策をしておくと良いでしょう。ここでは、楽に作業するための知恵をご紹介します。

腰痛が再発しないように対策する

草取りは草を根元から引き抜くためにかがんで作業する人が多いでしょう。雑草は簡単に抜けるものとそうでないものがあります。雑草を掴んだ時点である程度、簡単に抜けるかそうでないかが分かるので、もし抜けそうにないと思ったらシャベルを使うのがおすすめです。無理に抜いてしまうと腰を痛めてしまうので、シャベルを使って根元まで掘って抜きやすくすると良いでしょう。また、長時間しゃがまないように意識して腰に負担をかけないようにしておきましょう。

家にあるもので除草する

塩水を庭に撒く
塩水には強力な除草効果があります。雑草が生えている場所に塩水を撒くことで雑草を枯らすことができます。ただし、周りに枯らしたくない植物や作物がある場合は、塩水を撒く範囲に気を付けておかないと、雑草以外の周りの植物も枯らしてしまいます。
お湯や茹で汁を使う
とりあえず目に見える雑草だけを除草したいのであれば、お湯やゆで汁を使うといいでしょう。大量にお湯を沸かすよりは、パスタやうどんなどの茹で汁を捨てずに使ったほうが手間もかからず経済的ですよ。

庭木の伐採を行う前にお祓いをしておこう

木を清めておこう

お供えものをする

「木には精霊が宿る」という言い伝えがあります。そのため、地域によってはお清めをするしきたりがあります。庭木を伐採する前にお神酒や神棚用のお酒をお供えして、感謝の気持ちを表すようにするといいでしょう。

盛塩を行う

お神酒をお供えしたら、盛り塩をするか塩を撒いてから手を合わせます。家の守り神と言われている庭木を伐採するのですから、心を込めてお礼をしましょう。可能であれば、伐採する庭木の一部を挿し木として生命を残してあげてはいかがでしょうか。

TOPボタン